【効果で比較】防風通聖散おすすめ総合ランキング

手っ取り早く痩せたいなら、怪しいサプリよりも効果が期待できる【痩せる漢方】防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)ですよね。

 

当サイトでは、実際に痩せた経験がある方に監修してもらい、最も効果を感じやすい【吸収率が高く】【原生薬量が多く】【コスパが良い】の3つの基準を元に、痩せた商品や、口コミの人気指数を加味したおすすめランキングを掲載しています。

小漢煎
監修者も実際に飲んで痩せたのが、株式会社アインファーマシーズが販売している小漢煎(しょうかんせん)防風通聖散です。

 

小漢煎は、原生薬量を規定値の最大量27.1gも配合した満量処方の防風通聖散なので最大限の効果が期待できます。

 

しかも、顆粒(かりゅう)タイプだから体内に吸収しやすくて効果抜群!
満量処方で顆粒タイプなのは生漢煎だけです。

 

独自の抽出技術で添加物など無駄なものを取り除いた生薬エキス4500mg配合。
効果を感じやすいうえに、原生薬1gあたりのコスパも数ある商品の中でNo1で、文句なしのおすすめダイエット漢方です。

 

生漢煎で楽してダイエットする

定期価格 初回:4,212円
以降:6,372円
送料:無料
すぐ解約できます
内容量
※服用量
1箱90包(30日分)
※1日3包
1日あたり 初回:140円
以降:212円
形状 顆粒
原生薬量 27.1g
満量処方(最大処方量)
原生薬1gあたり 初回:5.2円
以降:7.8円
メーカー 株式会社アインファーマシーズ

 

漢生爽楽−防風通聖散
漢方生薬研究所が販売している漢生爽楽(かんしょうそうらく)防風通聖散は、顆粒タイプなので吸収率は良いですが原生薬量が2/3処方の18.12gとなっており、1位の小漢煎より効果が劣ります。
すぐに痩せたいわけではなく、ゆっくりとダイエットしたいならおすすめ。

 

3ヶ月ごと3箱の定期コースを選べば、オプションでダイエット遺伝子検査キットが付いてきますので、あなたがなぜ太るのかを調べることが可能です。

定期価格 初回:3,980円
以降:6,480円
送料:無料
すぐ解約できます
内容量
※服用量
1箱60包(30日分)
※1日2包
1日あたり 初回:132円
以降:216円
形状 顆粒
原生薬量 18.12g
2/3処方
原生薬1gあたり 初回:7.2円
以降:11.9円
メーカー 株式会社 漢方生薬研究所

 

ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒
漢方でおなじみのツムラが販売している防風通聖散は、顆粒タイプですが原生薬量が1/2処方の13.15gしか入っておらず、ゆるやかな効果を感じたい方向けです。

 

病院で処方されるのは「ツムラ防風通聖散62番(顆粒・満量処方)」であり、この市販商品とは違います。
ツムラ62番は効果が高いのですが、処方してもらうには医師に肥満症などの病気と診断してもらうしかありません。
ツムラ62番とほぼ同等のレベルの防風通聖散が1位の小漢煎になります。

定期価格 5,500円
内容量
※服用量
1箱64包(31日分)

※1日2包

1日あたり 177円
形状 顆粒
原生薬量 13.15g

1/2処方

原生薬1gあたり 13.4円
メーカー 株式会社ツムラ

 

防風通聖散【アンラビリゴールド】
阪本漢法製薬が販売しているアンラビリゴールドは、満量処方の防風通聖散なので有効成分はたくさん含まれているのですが、形状が錠剤なので吸収率や効果がかなり下がってしまいます。

 

とはいえ、錠剤タイプの中ではベストなので、吸収率は気にしないし顆粒は飲みにくいと思うなら選択肢としてアリでしょう。

定期価格 6,264円
内容量
※服用量
1ビン360錠(30日分)
※1日12錠
1日あたり 208円
形状 錠剤
原生薬量 27.1g
満量処方
原生薬1gあたり 7.6円
メーカー 株式会社阪本漢法製薬

 

防風通聖散料エキス錠「至聖(しせい)」
北日本製薬が販売している至聖も、アンラビリゴールドと同じく満量処方防風通聖散ですが錠剤という惜しい商品です。

 

一見アンラビリゴールドよりも価格が安く感じますが、内容量が22日分しかありませんので実際は少し高め。
しかも服用量が多くてかなり辛いです。

定期価格 5,184円
内容量
※服用量
1ビン396錠(22日分)
※1日18錠
1日あたり 235円
形状 錠剤
原生薬量 27.1g
満量処方
原生薬1gあたり 8.7円
メーカー 北日本製薬株式会社

 

新・ロート防風通聖散錠満量
業界大手メーカーのロート製薬が販売している防風通聖散「和漢箋(わかんせん)」シリーズの中で最もスペックが高い商品です。
こちらも満量処方ですが、錠剤のため吸収率や効果はTOP3より劣ります。

 

どうしても大手じゃないと安心できない!という方向け。

定期価格 7,344円
内容量
※服用量
1ビン264錠(22日分)
※1日12錠
1日あたり 245円
形状 錠剤
原生薬量 27.1g
満量処方
原生薬1gあたり 9円
メーカー ロート製薬株式会社

 

ナイシトールZ
小林製薬が販売しているナイシトールも実は防風通聖散です。
シリーズの中で最も有効成分が多いのがナイシトールZになります。
こちらも錠剤タイプなので、吸収率や効果が不満です。

 

ドラッグストア・薬局ならどこでも売っていますので、どうしても市販で買いたい!という方向け。

定期価格 8,100円
内容量
※服用量
1ビン420錠(28日分)
※1日15錠
1日あたり 289円
形状 錠剤
原生薬量 27.1g
満量処方(最大処方量)
原生薬1gあたり 10.6円
メーカー 小林製薬株式会社

以上が、防風通聖散おすすめTOP7でした。

 

吸収率が高い顆粒タイプはランキング1位〜3位の3商品しか販売されておらず、効果を求めるならそのどれかを選ぶと良いでしょう。
即効性を求めるなら有効成分が最大まで含まれている小漢煎がベストです。
定期初回なら通常価格の半額で購入できるのも嬉しいですね。

 

以下からは満量処方ではなくなりますので参考程度に掲載しておきます。
8位:防風通聖散「アンラビリSS」
9位:EGタイトpure
10位:新・ロート防風通聖散錠Z

ダイエットに成功したから分かる!防風通聖散の失敗しない選び方

防風通聖散を飲んで実際に痩せたからこそ分かる失敗しない選び方を伝授します。

 

防風通聖散は18種類の生薬で作られた漢方のことを指します。
つまり、どのメーカーを選んでも配合成分は同じ

 

では、どこで効果の差が生まれるのかというと、「形状」「配合量」です。
飲んで痩せるか痩せないかは、この2点で決まります。

形状は吸収率が高い【顆粒タイプ】を選ぼう

防風通聖散は大きく分けて2種類の形状があります。

顆粒(かりゅう)【おすすめ】


顆粒とは、粉末より少し大きめの粉状のものです。
病院でもらう漢方薬をイメージしてもらうと分かりやすいですね。
生薬から抽出した成分をそのまま飲むので、体内に吸収されやすいのが特徴です。

錠剤(じょうざい)


粉末を固めたり、何かでコーティングすることで飲みやすく加工したものが錠剤です。
ただし、加工する際に少量ですが化学物質を使っています。
そのため、成分を直接体内に吸収することができないため、顆粒状よりも吸収率が低く、効果を感じにくいです。

 

いくら素晴らしい成分がたくさん入っていても、体内に吸収されなければ何の効果もありません。
ですから、防風通聖散に即効性を求めるなら顆粒タイプがおすすめです。

 

顆粒タイプの防風通聖散は3商品しかありません。

  • 生漢煎(ランキング1位)
  • 漢生爽楽(ランキング2位)
  • ツムラ(ランキング3位)

効果が高いのは最大量を配合した【満量処方】

次に防風通聖散で重要なのは、配合されている18種類の原生薬の配合量です。
配合量によって「○○処方」と呼ばれ、防風通聖散では大きく分けて3種類あります。

満量処方【おすすめ】

18種類の原生薬の合計数が27.1g 定められた最大量を配合

2/3処方

およそ18.12g 定められた量の3分の2を配合

1/2処方

およそ13.6g 定められた量の半分を配合

 

文字通り配合量が多い【満量処方】が一番効果が高いです。

 

 

さらにコストパフォーマンスも満量処方の方が優れていますので、
わざわざ効果が弱めの2/3処方や1/2処方を選ぶ理由がありません。

 

満量処方の防風通聖散は5商品あります。

  • 生漢煎
  • アンラビリゴールド
  • 至聖
  • 和漢箋−新・ロート
  • ナイシトールZ

原生薬量も加味したコスパ

防風通聖散を続けるうえで大切なのが価格と効果のバランスですよね。

 

コストパフォーマンスを考えたとき、1日いくらかで考えるだけでなく、
原生薬量1gに対してのコスパを考えておかないと実は損することになります。

 

例えば、以下AとBの防風通聖散を比較したとしましょう。

商品 価格 原生薬量 一日あたり 原生薬1gあたり
A 3,000円 13.6g 100円 7.34円
B 5,000円 27.1g 167円 6.16円

 

一見、価格が安いAのほうが1日あたりのコスパが良いので、お得に感じます。
しかし、配合されている原生薬量を考えると、Bのほうが安く買えていることが分かります。
つまり実際はBを買った方が、お得に防風通聖散の成分を摂取できているということ。

 

コスパは原生薬1gあたりで考える方がお得なのです。

 

原生薬1gあたりのコスパが8円以下の防風通聖散は

  • 生漢煎
  • アンラビリゴールド
  • アンラビリSS
  • EGタイトPURE

 

有効成分の表記について

防風通聖散のメーカーによっては、有効成分量が「エキス含有量○○mg」と表記されています。
6000mgや5000mgといった商品もありますが、参考値としては適切ではありません。
原生薬がいくらなのかを見ましょう。

人気の防風通聖散をあらゆる角度で徹底比較

ネットや市販で売れている人気の防風通聖散の中で厳選した10種類を、様々な角度から比較して表にまとめました。

商品名 生漢煎
防風通聖散
漢生爽楽
防風通聖散
ツムラ漢方
防風通聖散
防風通聖散アンラビリゴールド
防風通聖散料エキス錠「至聖」
新・ロート防風通聖散満量
ナイシトールZ

防風通聖散「アンラビリSS」
EGタイトPURE

コッコアポEX錠
メーカー アインファーマシーズ 漢方生薬研究所 ツムラ漢方 阪本漢法製薬 北日本製薬 ロート製薬
和漢箋
小林製薬 阪本漢法製薬 株式会社 漢方生薬研究所 クラシエ薬品
形状 顆粒 顆粒 顆粒 錠剤 錠剤 錠剤 錠剤 錠剤 錠剤 錠剤
有効成分の量(原生薬) 27.1g

満量処方

18.12g

2/3処方

13.15g

1/2処方

27.1g

満量処方

27.1g

満量処方

27.1g

満量処方

27.1g

満量処方

21.76g

2/3処方

18.12g

2/3処方

15.87g

2/3処方

内容量 90包
(30日分)
60包
(30日分)
64包
(31日分)
360錠
(30日分)
396錠
(22日分)
360錠
(30日分)
420錠
(28日分)
360錠
(30日分)
225錠x2袋
(30日分)
312錠
(26日分)
1日に飲む量 3包 2包 2包 12錠 18錠 12錠 15錠 12錠 15錠 12錠
価格 初回:4,212円

以降:6,372円

初回:3,980円

以降:6,480円

5,500円 6,264円 5,184円 7,344円 8,100円 4,860円 初回:2,980

以降:6,980円

4,320円
送料 無料 無料 無料
1日あたりのコスパ 初回:140円

以降:212円

初回:132円

以降:216円

177円 208円 235円 245円 289円 162円 初回:99円

以降:232円

166円
原生薬1gあたりのコスパ 初回:5.2円

以降:7.8円

初回:7.2円

以降:11.9円

13.4円 7.6円 8.7円 9.0円 10.6円 7.4円 初回:5.5円

以降:12.8円

10.4円
総合評価 吸収率:◎

配合量:◎
コスパ:◎

吸収率:◎

配合量:○
コスパ:○

吸収率:◎

配合量:△
コスパ:×

吸収率:△

配合量:○
コスパ:◎

吸収率:△

配合量:○
コスパ:○

吸収率:△

配合量:○
コスパ:○

吸収率:△

配合量:○
コスパ:×

吸収率:△

配合量:△
コスパ:◎

吸収率:△

配合量:△
コスパ:△

吸収率:△

配合量:△
コスパ:×

詳細 生漢煎
防風通聖散
漢生爽楽
防風通聖散
ツムラ漢方
防風通聖散
防風通聖散アンラビリゴールド
防風通聖散料エキス錠「至聖」
新・ロート防風通聖散満量
ナイシトールZ

防風通聖散「アンラビリSS」
EGタイトPURE

コッコアポEX錠

防風通聖散で痩せるなら小漢煎がダントツでおすすめ

当ランキングでも1位の【生漢煎】は

  • 形状は吸収率の高い顆粒タイプ
  • 原生薬の配合量が規定値の最大
  • 原生薬1gあたりのコスパが初回購入だと1位

となっています。

 

顆粒タイプ、かつ、満量処方の防風通聖散は生漢煎だけ。
しかも、コスパでも優れているので他を買う意味が分からないぐらいおすすめです。

生漢煎で痩せた写真付きの口コミ

私の知り合い二人が生漢煎を飲んで、実際に痩せたので証拠画像を掲載します。
効果には個人差がありますが、どれだけ痩せるのか参考になると思います。

キッシーさんの口コミ 30代男性

キッシーさんはデスクワーク中心で夜遅く残業しているので、日付けが変わるころに夕食を食べていました。
しかも忙しすぎて運動もできないので、その結果、かなり太ってしまったのです。
ですが、生漢煎を飲み始めてから、生活リズムはそのままなのにめちゃくちゃ痩せました。

ナベさんの口コミ 60代女性

ナベさんはもともと痩せ型だったのですが、年を重ねるにつれて代謝が衰え、太り始めていたところ、生漢煎を飲み始めました。
結果、一ヶ月で約2キロの減量に成功しました。

 

二人とも短期間でお腹まわりの脂肪が減ったことが確認できます。
今すぐに痩せたいなら生漢煎はオススメです!

防風通聖散とは

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)とは、18種類の生薬からなるダイエット向け漢方薬です。
肥満症や便秘に悩む方によく用いられ、発汗・利尿・便通などの作用によって、お腹の皮下脂肪を減らしたり、便秘やのぼせを伴う肩こり・むくみに効果があります。
漢方特有の臭いがしますが、漢方薬の中では飲みやすい部類に入るので漢方初心者にもおすすめです。

 

防風通聖散は皮下脂肪だけでなく内臓脂肪の燃焼もサポートしますので、肥満を解消しやすい体質を作るのに有効なダイエット薬として、ネットやドラッグストアなどで販売されています。

18種類の生薬成分

防風通聖散は以下の18種類の生薬でできており、どのメーカーでも配合されている内容は同じです。

当帰(トウキ) 芍薬(シャクヤク)
川きゅう(センキュウ) 山梔子(サンシシ)
連翹(レンギョウ) 薄荷(ハッカ)
生姜(ショウキョウ) 荊芥(ケイガイ)
防風(ボウフウ) 麻黄(マオウ)
大黄(ダイオウ) 芒硝(ボウショウ)

※硫酸ナトリウム十水塩

白朮(ビャクジュツ) 桔梗(キキョウ)
黄ごん(オウゴン) 甘草(カンゾウ)
石膏(セッコウ) 滑石(カッセキ)

防風通聖散の効果

防風通聖散の箱などに記載されている効果・効能は以下になります。
「体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹、皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症」

 

特に効果を感じやすいのは以下の5つです。

1:肥満症の改善(ダイエット効果)

防風通聖散は肥満症、特にお腹に皮下脂肪が多い方に効果を発揮します。
体脂肪が落ちると、結果的に内臓脂肪や中性脂肪も落ちているので健康面でもGOODですね。
基礎代謝があがる事と、体内の毒素を排出するデトックス作用がダイエットをサポートします。
口コミで最も人気がある効果です。

基礎代謝アップ(発汗・血流促進)効果

防風通聖散には発汗や血流促進させる作用がある生薬が含まれていますので、基礎代謝があがり、痩せやすい体質へと変わっていきます。
基礎代謝があがることで、脂肪燃焼しやすくなり体に余分なカロリーが溜まることなく一日を終えることができますので、太りにくくなります。

デトックス(利尿・整腸)効果

防風通聖散には利尿作用や整腸作用がある生薬が含まれていますので、体に溜まった老廃物・有害物質・毒素などが体外に出やすくなり、体の浄化作用をサポートします。
胃腸が元気になることで、便秘の解消や血液・リンパの流れもよくなり、身体のすみずみまで酸素や栄養素を届けることができるようになります。
デトックスはダイエットだけでなく、美肌にも効果があるので一石二鳥です。

2:便秘解消効果

便秘の主な原因の一つとして、腸の働きが弱っていることがあげられます。
防風通聖散に含まれている整腸作用がある生薬が、腸の働きを正常化させて排便をスムーズにしてくれます。
便秘が続くと、ダイエットしてもなかなか体重が落ちなかったり、ぽっこりお腹が目立ってきたりするだけでなく、ニキビなど肌荒れの原因にもなります。
綺麗でスレンダーな方は腸が元気に動いている証拠なのです。
「防風通聖散を飲み始めて一番最初に感じた効果が便秘解消だった」という口コミが最も多いほど即効性があります。

3:むくみが取れる効果

女性の天敵である「むくみ」は、血液中の水分がうまく流れずに、血管やリンパ管の外に染み出して、皮膚の下に溜まった状態のことです。
防風通聖散に配合されている血行や利尿を促す漢方が作用して、体内の余分な水分を排出してくれることで、むくみ解消の効果が期待できます。
むくまないように水分を摂らない女性もいますが実は間違いです。
水分補給しなければ、体が余計に水分を溜め込もうとするため新陳代謝が悪くなり、よりむくみやすい体になってしまいます。
こまめな水分補給と防風通聖散で、体の巡りを活性化させて、むくみにくい体つくりを心がけましょう。

4:のぼせ抑制効果

顔や頭に異常な熱感が起こる症状を「のぼせ」といいます。
のぼせは恥ずかしい思いや緊張など精神的なことが原因で起こりますが、更年期障害や自律神経のバランスが崩れたときなどは慢性的にのぼせが起こります。
防風通聖散には清熱作用(身体の熱をとり、興奮を鎮めたり、炎症を抑える働き)がある生薬が含まれていて、のぼせを抑える効果があります。

5:肩こり解消効果

肩こりの原因の一つが血行不良です。
血液の流れが悪いと、肩の筋肉に必要な酸素や栄養を該当箇所へ十分に運ぶことができないため、筋肉が凝り固まってしまい痛みや違和感を引き起こします。
防風通聖散には、血行を促進する生薬や筋肉のけいれんを抑える生薬が含まれていますので、体内の血の巡りが良くなって肩こりの症状を改善する効果が期待できます。
もちろん定期的に肩を回すなど、筋肉を柔らかくする運動も行いましょう。

 

どれぐらいで効果が出るのか?

防風通聖散の効果効能を感じるまで個人差がありますが、口コミや私達の経験からお話すると

  • 便秘解消:1〜3週間
  • ダイエット:10日〜3ヶ月

となります。

 

間違った飲み方をしていたり、痩せたいのに暴飲暴食や夜更かしをしているなら効果が出ないでしょう。
逆に、毎日きちんと正しい容量を飲み、規則正しい生活と適度な運動をしているなら、効果が出る可能性は高いです。

 

すぐに効果が出ないからといって止めるのではなく、しばらく飲み続けることをおすすめします。

 

防風通聖散は漢方薬であり、魔法の痩せ薬でも下剤でもありません。
あくまで、痩せやすい身体・代謝しやすい身体作りをサポートしてくれるものと考えましょう。

効果が出やすいおすすめの飲み方

防風通聖散を飲んで10日で10キロほど痩せた友人から聞いた効果が出やすいおすすめの服用方法をお伝えします。

  • 空腹時(食前か食間)に飲むこと
  • 説明書に書いてある分量は守ること
  • 錠剤ではなく顆粒タイプを選ぶこと
  • 顆粒を白湯に溶かしてから飲むこと

友人が販売会社から直接聞いた方法で、実際に上記の飲み方に変えたところ、体重の減り方が全然違ったそうです。
ぜひ、お試し下さい!

さらにダイエット効果を出すためにやっておきたいこと

防風通聖散を飲むことで代謝があがり、消費カロリーが増えやすくなりますので、運動や筋トレも併せて行うと効果大です。

 

防風通聖散には脂肪吸収を抑える効果はありませんが、食欲を抑える効果はあります。
食事量を制限することで摂取カロリーを抑えることができるので、必然的に「消費カロリー>摂取カロリー」となり、少しずつ体脂肪が減っていきます。

 

ダイエットの成功には体調管理も大切ですので、栄養バランスの整った食事内容、足りない栄養素はサプリメントで補うなど、トータルで対策していきましょう。

 

メタボリックなお腹周りがスッキリして、総コレステロール値も減少!
見た目も中身も良い身体作りに防風通聖散を使ったダイエット方法はおすすめです。

防風通聖散の副作用

防風通聖散は効果効能がある第二類医薬品ですが、デメリットとして副作用を感じる方がいるのも事実です。
以下の症状があらわれた場合は、すぐに飲むのを止めて、医師・薬剤師・販売業者に相談しましょう。

軽度の副作用

皮膚系

発疹、発汗、かゆみ

消化器系

吐き気・嘔吐、食欲がない、胃に不快感(むかつき・ゲップが多いなど)、お腹のハリ(腹部膨満)、激しい腹痛を伴う下痢、腹痛

その他

めまい、発汗、動悸、むくみ、頭痛

重篤な副作用

めったにありませんが、もし以下のような重篤な副作用があわられた場合は、すぐに防風通聖散を飲むのを止めて、医師に診療してもらいましょう。

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)

肺が硬くなる状態で、肺の膨張や収縮が妨げられるため、肺活量が低下し様々な症状が起こる病気です。
階段を上ったり、少し無理をしたら息切れしたり、息苦しくなります。
痰を伴わない咳・発熱などの症状が急に出たり、持続したりします。

偽アルドステロン症(ぎあるどすてろんしょう)(※1)
ミオパチー(※2)

手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、こむら返り、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなっていきます。

 

(※1)偽アルドステロン症とは
アルドステロンとは副腎から分泌され、カリウムの排泄を促して血圧を上昇させるホルモンです。
アルドステロンが過剰に分泌されることで、高血圧・むくみ・低カリウム血症などを引き起こす病気を「アルドステロン症」と呼びます。
「偽アルドステロン症」とはアルドステロンが増えていないにもかかわらず、アルドステロン症と同じ症状になる病気です。
原因は漢方薬、風邪薬、胃腸薬などによく含まれている甘草(カンゾウ)、その主成分であるグリチルリチンです。
副腎からはアルドステロンと同時にコルチゾールというホルモンも分泌されていて絶妙なバランスがとられているのですが、グリチルリチンを摂取しすぎることでそのバランスが崩れてしまいます。
その結果、アルドステロンは通常通りに分泌されているのにもかかわらず、血圧が上昇して高血圧になり、カリウムの排出が進んで低カリウム血症になります。
男性より女性の方が発症しやすく、50代〜80代に多いと言われています。

(※2)ミオパチーとは
ミオパチーとは、一般的には筋肉の疾患の総称を指し、多くの病気を含みますが、こちらでは低カリウム血症の結果としてミオパチーの症状があらわれることがあるという意味です。

肝機能障害

肝機能障害とは、肝臓が何らかの障害によって正常に機能しなくなる病気のことです。
そのまま放置すると、肝炎・肝硬変などに進行する可能性があります。

 

症状として、発熱、かゆみ、発疹、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)、褐色の尿が出る、全身がだるい、食欲不振などがあらわれます。

飲まない方がいい人の体質

防風通聖散は自然の生薬から作られた漢方薬といっても、誰でも100%安全というわけではありません。
以下に当てはまる人は、医師・薬剤師・販売業者のいずれかに相談してから飲むことをおすすめします。

  • 医師の治療を受けている
  • 妊婦さん、妊娠している可能性がある
  • 虚弱体質(体力が衰えている、体が弱い)
  • 胃腸が弱くて下痢になりやすい
  • 日頃から汗を大量にかく
  • 高齢者
  • 過去に薬などで発疹、発赤、かゆみなどを起こしたことがある
  • むくみ、排尿が困難
  • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害の診断を受けた

防風通聖散の注意するべきポイント

防風通聖散は安全性が高い漢方薬とはいえ、サプリメントのように何も考えずに飲めばいいというものではありません。
副作用があるので、飲み合わせや摂取量には注意しましょう。

飲み合わせ・食べ合わせで気をつけたい成分

以下の成分は摂りすぎると重篤な副作用に繋がる可能性がありますので、飲み合わせないようにして下さい。

甘草(カンゾウ)※主成分グリチルリチン

防風通聖散の副作用でも述べたように甘草(カンゾウ)の摂りすぎは、副作用のリスクがあります。
1日2.5g以上は摂らない方がいいと言われていますが、個人差がありますので明確に断言することはできません。

 

カンゾウは芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)や、小柴胡湯(しょうさいことう)など、多くの漢方に含まれています。
また、タバコやお菓子、醤油などの調味料、甘味料としても使われているので、防風通聖散を飲んでいる間は甘草・グリチルリチンが入っていないかしっかりチェックしましょう。

麻黄(マオウ)、交感神経刺激作用のある薬

生薬【麻黄(マオウ)】には、心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれています。
防風通聖散を飲んでいる間は、葛根湯(カッコントウ)、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)などマオウが含まれている漢方薬は控えた方がいいでしょう。

 

エフェドリンやテオフィリンなど交感神経刺激作用のある薬も注意です。
どうしても服用しなければならない場合は、医師に相談しましょう。

飲み過ぎは逆効果

防風通聖散が効果があるorないからといって、一日の決められた容量以上は絶対に飲まないで下さい。
飲み過ぎると効果が出やすくなるわけではなく、副作用のリスクが高まるだけです。
健康的に痩せたいなら説明書に載っている飲み方・分量をきちんと守り、規則正しい生活を送ることを意識しましょう。

防風通聖散をオススメしたいのはこんな人

  1. 体力が充実している
  2. お腹あるたくさんの脂肪をとりたい
  3. ダイエットサプリは全く効かなかった
  4. できるだけ早く痩せたい
  5. 便秘を解消したい
  6. むくみをなくしたい
  7. 肩こりをやわらげたい
  8. 電車などでのぼせたくない

 

防風通聖散で効果・コスパで最も良いのは

↓ ↓ ↓

生漢煎(しょうかんせん)

特に、すぐにダイエットしたいならオススメ♪